カフェ開業・店舗デザイン・設計・施工のコムスペース。「カフェをオープンしたい」「店舗の物件を探している」夢の実現をサポートするパートナーです。

カフェ開業・デザイン・設計・施工のコムスペース
  • サービス案内 カフェ開業・店舗プランニング・物件開発 コムスペース
  • お申し込み・お問い合わせ カフェ開業・店舗プランニング・物件開発 コムスペース
  • 会社概要 カフェ開業・店舗プランニング・物件開発 コムスペース

Cafeオーナーインタビュー > Cafeオーナーインタビュー File#02

Isco Caffe(イスコカフェ) 東京都世田谷区

カフェオーナーインタビュー IscoCaffe(イスコカフェ)

「イタリアを感じてもらえるカフェを開きたかった」

くつろぎの空間の中で長年腕を磨いてきた美味しいパスタやドルチェ、コーヒーやワインを味わってもらえるカフェを持ちたい、と夢に向かって一歩一歩ハードルを乗り越えてきたイタリアが大好きなIscoCaffeの女性オーナー。
都会的な雰囲気と住宅街の落ち着きがマッチした世田谷通り沿いの9坪のスペースにカフェをオープンしてから2年。オーナーに今までの道のりや現在の心境などを伺いました。

カフェオーナーインタビュー IscoCaffe(イスコカフェ)

「続けることの大変さ、大切さを感じています。」

― 比較的賃料の高い地域で物件探しから苦労して、やっと見つけたこちらですがどうですか?

気にいった物件、予算に合う物件を見つけるのは本当に大変でしたね。中川さん(コムスペース代表)にいろいろと物件を一緒に見てまわってもらって。今思えば、家賃や広さから「あそこでは無理だったな。」という場所をたくさん見ましたね。ここは9坪という小さなスペースですし、駅からも少し離れていますし、欲を言えばきりがないですが、私のやりたいカフェとして、ロケーションや条件が合い、現実的にオープンできて続けられたのは、やはりこの場所に決めたからだと思います。

― オープン前と今では、カフェオーナーという仕事をどう思われますか?

カフェのオープンに向かい準備にはパワーがいりますけど、オープンという目的が明確なので忙しくてもそこに向かってやることをやっていれば良かったのですが、オープンしたらとにかく続けること、その難しさや大変さ、大切さを痛感しました。お客様が多くいらっしゃったときは忙しいながらうれしくてテンションが上がりますし、少ないと気が滅入ります。そういう波の中でも、美味しい味、同じ味、暖かいサービスを提供し続けるプロ意識を持つのには大変で、それが大切だなと感じています。体力と精神力が必要ですね。「よくやってる」、と思います。(笑)

カフェオーナーインタビュー IscoCaffe(イスコカフェ)

「スタッフに助けられています。」

― 続けてこられた理由は何ですか?

スタッフに助けられています。小さいカフェといえどもやはり一人じゃ無理です。うちには、パン教室の傍ら手伝ってくれるスタッフとドルチェが得意なパティシエがいます。メニューやレシピも一緒に考えてくれます。いくら狭くてもお客様が何人かいらしたら、一人ではできません。私もスタッフも、「好き」だからやっているというのも大きいですね。

― スタッフに恵まれているのは貴重ですね。

本当に大切です。ありがたいです。この前、エスプレッソマシンのメーカーからセミナーのお知らせが届きました。せっかくの機会なので、皆で参加を申し込みました。メーカーさんのご厚意でIscoCaffeだけの集中レッスンにしてくださり、みっちり実習ができたのです。そのことをスタッフがとても喜んでくれて。もちろん、実習したからといってすぐに皆で実践できるわけではないですが、興味深く取り組んでもらえることは何より心強いです。ランチのセットドリンクも丁寧に一杯一杯淹れてくれていますし、モチベーションが高いことがうれしいですね。

カフェオーナーインタビュー IscoCaffe(イスコカフェ)

「“お世話になりました。”と常連さんから挨拶されました。」

― カフェオーナーをしていて嬉しいこと、って何ですか?

先日、いつも一人や会社仲間と来てくれる20代〜30代くらいの男性でとても好感のもてる常連さんがいらして突然「お世話になりました。」と挨拶をされました。「会社が移転するので、もう通えなくなります。今日いらっしゃらないスタッフさんにもよろしく。」と。そのことは、本当にとても残念なのですが、わざわざ挨拶してくれた喜びは何とも言えません。特にたくさんの会話を交わしたわけではなく、ただやはり、常連さんがいらっしゃると嬉しくてお店が明るくなっていました。そこに何かお客様も感じてくださっていたのか、かけがいのない言葉を頂いた気がします。

― なかなか、お店でお会計のときに心を寄せて話すというのはないですよね。お店の雰囲気がお客様をそういう気分にさせるのでは?

実はこういったご挨拶がはじめてではないのです。他にも転勤で最後だからと、お別れの声をかけてくださるお客様が何人かいらっしゃいました。もちろん、「美味しかったよ。」と言ってくださる方もいて、すごく励まされています。

カフェオーナーインタビュー IscoCaffe(イスコカフェ)

「リピーターの方が徐々に増えてきている実感があります。」

― 地域的にはどんな方がいらっしゃいますか?

ランチはこの辺りで仕事をしている人ですね。土地柄か、おしゃれな雰囲気の方々が女性も男性も多いです。ベビーカーのママさんも最近は増えています。小さいスペースですが、せっかく来てくださったお客様には椅子をあけてゆっくりできるように心がけています。

― この地域の住人の方、仕事をしている方が、ISCO Caffeの光を見て立ち寄り、くつろぎ、美味しいものを食べることができる、というのは素晴らしい地域貢献だと思いますよ。

ありそうで他にライバルのない業態なので、常連さんの中にはいつもこちらでランチを食べてくださったり、お茶とケーキを食べてくださったり、夕方からワインと軽く食事をされたり、少しずつですがリピーターの方が徐々に増えてきている実感があります。人生相談やお話をしに来られる方もいらっしゃいます。これが、減ってきていたら話になりませんが、少しでも増えてきているのは嬉しいですね。震災があって、節電ムードではあるのですが、お店をやる限り、できるところは節電し、明るくて優しいお店らしさには気をつけています。

― 最近工夫されたことはありますか?

最初ランチはパスタだけだったのですが、男性は「ライス」を希望される方も多いので、ハンバーグをはじめました。イタリアンにはこだわりたかったので、トマトソースをかけて、ふんわりやわらかく手ごねで作っています。手間はかかるのですが、結構人気がありますよ。

カフェオーナーインタビュー IscoCaffe(イスコカフェ)

「いつも次にどうしよう、って考えています。」

― コムスペースでデザインさせて頂きましたが、お店の空間はどうですか?

このグリーンの空間を嫌う人はいないですね。「センスいいね。」「居心地がよいね。」とよく言われます。色にこだわって、素材にこだわって作ってもらってよかったと思っています。ただ、ものをあまり置くのが好きではないので、ちょっとすっきりしすぎてしまうところがあるのです。お店らしさを出すために、もう少し飾り付けをし、情報発信をしっかりしたいな〜と考えています。

― テーブルセッティングを工夫するだけでも雰囲気がでますよ。

今は、ランチが主体になっているので、カフェタイムや夕方からもお客様に気軽に入っていけるような工夫をしたいと思っています。ドルチェがとても美味しいので、もっと食べてほしいですね。テーブルにドルチェメニューカードを置いてみようかな。

カフェオーナーインタビュー IscoCaffe(イスコカフェ)

― これからカフェをはじめたい方へ何かアドバイスはありますか?

カフェを続けるために、気持ちをいつもそのようにもっていくこと。やめてしまうことはいつでもできると思うのですが、はじめることは難しいです。だから「いつも次にどうしよう?」と色々と考えています。継続できなければ意味がないと思っています。

カフェオーナーインタビュー IscoCaffe(イスコカフェ)

― 今日はありがとうございました。

<コムスペースから一言> 比較的賃料の高めの世田谷で女性が一人でカフェを実現するのは並大抵のことではありません。スタッフと一緒に2年継続していることはそれだけで素晴らしいことですが、決して満足せずに「どういうメニューが喜ばれるか。」「何が美味しいか。」と常に考えているISCO Caffeオーナー。フレンドリーでおおらかな性格が、お客様を増やし、継続する原動力となっているのでしょう。これからもまだまだ可能性を感じさせるお店です。

お店情報:「Isco Caffe(イスコカフェ) 」東京都世田谷区若林3-15-6 エクセル若林1F 【お店HP

撮影:J-LIGHTS 板村光一郎